服用方法について | EDにはバイアグラ!副作用も知って使いこなそう!
薬の中身の画像

服用方法について

医薬品の効果を正しく得たいのなら、飲み方を正しく把握することが大切です。バイアグラもまたお薬なので、正しく飲むようにしましょう。
バイアグラの有効成分シルデナフィルは血管拡張の効果があり、勃起に必要な血液をしっかりと送り込んでくれるのと、勃起することを邪魔する酵素を抑える力を持っているので、確実に勃起へと導いてくれます。
世界で最初に登場したED治療薬ということもあり使ったことはなくても名前や効果については知っているという人もいると思います。

そんなバイアグラは一日一錠。水かぬるま湯で服用するというのがルール。効果は30分前後で効いてきて60分後にはピークになります。その後緩やかに効果は薄れて行き、4〜5時間後まで効きます。4~5時間なので、朝ハッスルして夜もハッスルしたいなーという場合もあるかもしれませんが、一日一錠というのは、平たく言うと24時間空けましょうということでもあるので、そういった利用は出来ません。
なので女性とレッツベッドインの30分以上前から飲んでおきたいところなのですが、これがデートの場合食事のあとにホテルという流れという可能性がありますよね。しかし、バイアグラは食事ととても相性が悪いのです。というのも、胃の中に食べ物が残っている状態で服用すると、それに吸収を邪魔されてしまい、効果が得られないこともあるのです。なので、利用する際には空腹時に使うようにしましょう。

副作用として頭痛や動悸といったものがありますが、これは血管拡張で血液が促進されているために起こる現象です。慣れれば収まるともいいますが、いつまで経っても収まらないという人は医師に相談してみるようにしましょう。
また、血圧が急激に下がるというのもあるので、狭心症の症状を発症することもあるといいます。脳梗塞や心筋梗塞の経験がある人は意思に相談してからバイアグラを使うようにしたいところです。